手荒れや乾燥には?

よく手を洗ったり、仕事で手に負担をかけるような洗剤と薬品などを扱ったりする方は特に手のスペシャルケアを必要としています。
理想なハンドクリームは弱くなっているお肌の保護バリアに不足している脂質を高品質な植物油と自然な脂肪酸で強くさせます。
お肌の保護バリアが弱まっているとお肌から水分が逃げやすく、水分補給がし辛くなります。

庭師、美容師、医療関係者:手を動かす仕事をしている方向けのおすすめのハンドケア方法

あまり知られていませんが、手の甲のお肌は顔のお肌と同じくらい薄く、皮脂腺が少ないため乾燥しやすいです。技術の必要な手仕事は、その分手肌に負担がかかっています。そのためきちんと手肌のケアをすることが大事です。

庭師、花屋、美容師、医者、看護師の方などは特に手が乾燥しやすいです。よく手を洗ったり、化学製品を扱ったり、どの天気にも関わらず外で仕事をしないといけなかったりするからです。これらの職業の方は手肌が荒れて、乾燥によりびび割れしてしまうこともありますが、日中にハンドケアをするのはなかなか難しいですよね。

手荒れや乾燥には?
手荒れや乾燥には?

寝ながら手肌の乾燥を治す

夜、寝ている間がお肌の再生が一番早いです。日中はいろいろな負担がかかりますが夜には手肌はゆっくり休めます。そのため、夜寝る前に手のスペシャルケアをしましょう!

外部からの影響がない夜に必須脂肪酸が含まれている自然な植物油が配合されたハンドクリームを使うのがおすすめです。自然な植物油はお肌によく吸収され、お肌のバリアを強化してくれます。夜に手肌のケアをきちんとすると手肌のバランスが整い、ハンドケアをしていないときと比べて、外部の刺激にも強くなります。

夜のハンドケアは数分しかかかりません。寝る前にたっぷりハンドクリームを手に塗り、やさしくマッサージをします。薄いコットンの手袋をつけるともっと効果的にケアができます。

手荒れや乾燥には?
手荒れや乾燥には?
2019.03.15