発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

成長のペースに合わせて! 生後3ヶ月~の赤ちゃんとの遊び方

生後3ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんの首は徐々に座りはじめてきます。首が座ってくると、抱っこやお着替え、授乳などのお世話がしやすくなってきますよね。
また、赤ちゃんが笑いはじめるのもこの頃。泣いたり笑ったりという感情表現が見られるようになってくるため、一緒に遊ぶのもますます楽しくなってきます。
赤ちゃんとのスキンシップのとり方は、成長に合わせて少しずつ変化していくもの。
今回は、生後3ヶ月以降の赤ちゃんと一緒にしたい成長に合わせた遊び方をご紹介いたします。

生後3ヶ月頃

首が座りはじめ、笑顔を見せるようになるのに加え、聴力が発達し、家族の声やおもちゃの音が聞こえる方に顔を向けるようになります。
また、動くものを認識し始めるため、自分の手をじっと見つめたり、舐めてみたりといった動作も見られるように。

・ぱちぱち遊び
まずは赤ちゃんの顔の前で両手をぱちぱちと優しく叩き、音と動きを認識させましょう。
続いて、赤ちゃんの左右や上に手を移動させ、さまざまな方向からぱちぱちと音を鳴らします。「おててはどこかな?」「こっちにあったね!」と声をかけたり、音が出るおもちゃを使ったりするのも良いですね。

生後4ヶ月頃

体の筋肉がさらに発達し、背骨もしっかりとしてくるこの頃。体をねじったり、自分の足を手で掴んだりといった動きができるようになってきます。
周囲への好奇心が増し、さまざまなものに手を伸ばしては、口に入れて確かめるように。

・寝返り遊び
赤ちゃんが体をねじりはじめたら、片方の足を持ち上げ、お尻を支えて寝返りを手助けしてあげましょう。
赤ちゃんの自然な動きに合わせて少し力を貸してあげれば、コロンと寝返りを打つことができるかもしれません。

いかがでしたか?
生後3か月以降、首が座りはじめた赤ちゃんととりたいスキンシップをご紹介しました。
ただし、赤ちゃんの発育に個人差が見られるようになるのもこの頃。他の子と比べて焦ったりすることなく、我が子の成長に合った方法でスキンシップをとるようにしましょう。
赤ちゃんとのスキンシップやコミュニケーションは、体や心の成長を助ける大切なポイントです。笑顔で声を掛けながら、たくさん遊んであげてくださいね。



成長のペースに合わせて! 生後3ヶ月~の赤ちゃんとの遊び方