【ヴェレダ創設100周年】LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! 【ヴェレダ創設100周年】
LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

乾燥やかゆみを予防する冬の頭皮ケア

寒さが厳しくなってくるにつれて、「なんだか頭がかゆい」と感じてくる方は多いのではないでしょうか。
冬の乾燥した空気は、顔や手、唇だけではなく、頭皮の乾燥も招いてしまいます。
頭皮の乾燥は、かゆみやフケといったトラブルを引き起こす大きな要因のひとつ。
今回は、乾燥が気になるこれからの季節に気をつけたい頭皮ケアについてご紹介いたします。

頭皮が乾燥してしまう原因は?

冬の頭皮を乾燥させるのは、空気の乾燥だけではありません。 夏や秋が過ぎ去ったことで油断して対策を怠ってしまいがちな紫外線、寒さによる血行不良、頭皮の常在菌の繁殖といった要因も乾燥を招く原因です。 過度に紫外線を浴びるのを避け、シャンプー方法の見直しやマッサージなどのケアを行うことで、清潔で健やかな頭皮を目指しましょう。

頭皮の乾燥が招くトラブル

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみ、ニキビ、湿疹、たるみといったトラブルが起こりやすくなってしまいます。 また、頭皮と顔は一枚の皮膚で繋がっているため、頭皮のトラブルが影響して顔の肌トラブルを招いてしまうこともあります。
頭皮の乾燥、トラブルを防ぐために、以下のような対策を行っていきましょう。

・頭皮に優しいシャンプーを
シャンプーに含まれる界面活性剤には、さまざまな種類があります。
洗浄力が強ければ良いというものではなく、髪や頭皮の状態にあったものを選ぶことが重要です。洗浄力が高すぎるものは、脱脂力が強く、頭皮に必要な皮脂や水分をとり過ぎてしまうことがあります。
おすすめは、植物由来のマイルドな界面活性剤を主としたシャンプー。
低刺激で、髪のタンパク質を守りながら洗い上げ、頭皮の潤いも守ってくれます。
シャンプーやコンディショナーの洗い残しは、頭皮の炎症の原因です。
耳の後ろやうなじ付近などの洗い残しの多い部分を意識しながら、十分にすすいであげてくださいね。

・頭皮のマッサージで血行を促進
シャンプーを行う前にヘアオイルを使って頭皮のマッサージをすることで、頭皮を柔らかくし、潤いを保つことが可能になります。
ヘアオイルを頭皮にもみ込んだら、指の腹を使って優しくマッサージしてあげましょう。
マッサージ後は、ホットタオルを巻いて15分ほどおいてからシャンプーで丁寧に洗い流します。
また、洗髪後タオルドライをしてからヘアトニックを使って頭皮マッサージをしてあげると、皮脂バランスを整えて健康な地肌を保ってくれます。
どちらのアイテムも頭皮を保湿するだけではなく、ハリツヤのある美しい髪へと導いてくれますよ。

・入浴後はドライヤーでしっかりと乾かして
髪の毛や頭皮を濡れたままにしていると、雑菌を繁殖させてしまいます。
自然乾燥させるのではなく、必ずドライヤーで髪を乾かしてあげるようにしましょう。
しかし、頭皮や髪に熱風を当てすぎるのもNGです。ドライヤーをかける時間が短くなるようタオルで十分に水気をとった後、髪から10cm以上離した状態でドライヤーを当てるようにしてください。
乾きぎわの髪に熱風を当てすぎるとダメージを与えてしまうので、乾くタイミングを見極めて、必要以上の熱を与えすぎないようにしましょう。

いかがでしたか?
冬は顔や身体だけではなく、頭皮の乾燥にも気をつけてあげなければなりません。
今回ご紹介したポイントを意識した丁寧な頭皮ケアで、潤いのある健康な頭皮を保っていきましょう。



乾燥やかゆみを予防する冬の頭皮ケア