【ヴェレダ創設100周年】LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! 【ヴェレダ創設100周年】
LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

できてしまった妊娠線は消せる?自宅でできる産後のケア方法とは

妊娠中にできてしまった妊娠線。出産という人生の大仕事をやってのけた勲章とも言われますが、やはり美容的には気になってしまうものです。出産後に妊娠線を消せるなら、やってみたいという人も多いのではないでしょうか。
今回は、自宅で手軽にできる、産後の妊娠線ケアについてご紹介します。

妊娠線ができた原因

妊娠線とは、妊娠中期頃のお腹が急に大きくなる時期に、その急激な変化に皮膚の伸びが追い付かず、皮膚繊維がひび割れてしまったのが原因でできています。お腹だけでなく、太ももやおっぱいにできていることもあります。
最初はみみず腫れのような赤い線で、その部分が少しへこんでいたはずです。産後は徐々に赤みが引き、白っぽくなります。半年ほど経てば、遠くからではわからないほど目立たなくなりますが、皮膚表面のでこぼこした感じは残り、完全に消えるというわけではありません。

妊娠線のできる・できないには個人差はありますが、もともと小柄な人や、妊娠中急激に太った人にできやすいと言われています。
妊娠線予防のクリームを塗っていても、100%防げるわけではないのです。

産後に妊娠線をケアする方法

妊娠線は、物理的に「なかったことにする」のは不可能であり、産後にできるのは、できる限り目立たないよう薄くするためのケアになります。
どうしても見た目が気になる方や、早くきれいにしたい方は、美容皮膚科などで、レーザーなどの皮膚再生療法を受けるという方法もあります。ただし、施術が高額で費用負担が大きいことを考えると、すべての人におすすめのやり方とは言えません。

美容皮膚科での治療に比べれば即効性は期待できませんが、多くの人が手軽に行えるのは、市販の妊娠線用アイテムを使って、自宅でそれぞれのペースでケアする方法です。ママ向けの雑誌やネットショップを見てみると、妊娠ケア用のクリームやオイルが紹介されているので、お気に入りのものを見つけて、自宅でのケアを始めましょう。

妊娠線ケアにおすすめのアイテムとは

妊娠線予防では保湿が大切と言われますが、できてしまった妊娠線をケアする場合も、まずは保湿が欠かせません。お風呂上りなどにクリームやオイルを塗って、乾燥を防ぐようにしましょう。ホホバオイルやアーモンドオイルなどが配合された刺激の少ないアイテムを使えば、肌トラブルも起こりづらく安心です。

さらに妊娠線ケアに効果的なのは、お腹まわりのマッサージです。マッサージをすることにより、肌を柔らかく保ち、ターンオーバーを促進する効果があると言われています。
マッサージをする際には、クリームよりもオイルを使用するのがおすすめです。伸びの良いオイルはすべりを良くして手との摩擦を軽減してくれるので、初心者でもマッサージがしやすくなります。
また、妊娠中一度伸びてしまった皮膚は、産後たるみやすくなっています。たるんでハリがないと妊娠線も消えにくいので、産後は肌を引き締めてハリ・たるみケアをすることが、妊娠線を目立たなくすることにつながります。
なお、産後一定の期間は、身体が元に戻ろうとする力がはたらくので、引き締めケアはなるべく早めに始めることをおすすめします。



妊娠線という肌の「傷み」を改善するためには、お肌を外からケアすると同時に、皮膚のターンオーバーを促すことも大切です。保湿や引き締めのオイルやクリームを使いながら、新陳代謝を促進するような食事や生活習慣を心がけ、身体の内外両方からケアしていきましょう。

※なお、本記事は妊娠線ケア用のオイルやクリームに関する一般的な効果について記述したものであり、製品の効果を保証するものではありません。



できてしまった妊娠線は消せる?自宅でできる産後のケア方法とは