LINE新規友だち登録、アンケートご回答で【500円OFFクーポン】プレゼント LINE新規友だち登録、アンケートご回答で
【500円OFFクーポン】プレゼント

妊娠中にお肌が荒れる?スキンケアは見直すべき?

妊娠中は、さまざまな体調の変化が起こりやすいものです。頻繁に眠気に襲われたり、むくみが気になったりするなどの変化と並んで、多くの人に起きやすいのが、肌荒れです。
なぜ、妊娠すると肌が荒れやすくなるのでしょう。また、妊娠中の肌荒れには、どのような対策をとれば良いのでしょう。
今回は、妊娠中の肌荒れの原因と対策について解説します。

妊娠中に肌荒れが起きやすい理由

妊娠中は、ホルモンバランスが変化するため、お肌の状態も変化しやすくなります。変化のしかたは人によってさまざまであり、普段よりも良くなる人、あまり変わらない人もいますが、肌の調子が悪くなり、肌荒れが起こってしまう人も少なくありません。

妊娠中に肌荒れが起こる最も大きな原因は、黄体ホルモンであるプロゲステロンの大量分泌です。プロゲステロンには皮脂分泌を促進する作用があるため、妊娠すると肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなったりすることがあります。また、プロゲステロンの影響によりメラニン色素もできやすくなるため、紫外線によるダメージに対して弱くなります。

他にも、妊娠すると、つわりで充分な食事がとれず栄養が偏ってしまったり、便秘になってしまったりすることで、栄養不足や老廃物の滞留による肌荒れが起きやすくなるのです。

肌の状態に合わせたケアが必要

妊娠中に起こる肌トラブルは、人により異なります。そのため、それぞれの肌の状態に合わせたケアを行うことが大切になります。妊娠前と真逆になる場合もあるので、自分の肌をよく観察して、どのようなケアが必要なのかを見極めましょう。
今まで使っていた化粧品を使い、刺激を感じるようであれば、お肌が敏感に傾いている証拠です。お肌が敏感になったらお手入れはなるべくシンプルにし、敏感肌用の化粧品に切り替えることがおすすめです。
オイリー肌になってニキビが増える場合は、保湿剤をノンオイルのものや油分の少ないものにしてみると良いでしょう。必要以上に洗顔をしないようにもしましょう。強い洗顔料を使うことで乾燥肌になってしまい、自身をその乾燥から守るために皮脂が過剰に分泌される場合があるので、強い洗顔料の使用がオイリー肌の原因の可能性にもなります。
乾燥が気になる方は、化粧水と油分が多い美容液やクリームを併用するなどして、しっかりと保湿ケアが行えるアイテムを使いましょう。鉱物油等は毛穴につもりやすいので、植物性のオイル配合の製品がおすすめです。

妊娠中のスキンケア化粧品の選び方

妊娠中に、スキンケアを見直す場合は、これから生まれてくる赤ちゃんのことも考えたアイテム選びをすることをおすすめします。スキンケア製品は、お肌に塗り、体に浸透するものなので、無添加な製品がおすすめです。
パラベンなどの添加物がママや赤ちゃんの体にどのような影響を与えるかわからないため、生まれてくる赤ちゃんのために、成分も気にしながらスキンケア化粧品を選びましょう。

肌荒れはつらいですが、妊娠中の身体の変化は、赤ちゃんを育むための前向きな変化ととらえることができます。状態に合わせた適切なケアをしてこの時期を乗り切りましょう。

WELEDAでは、それぞれの肌の状態に合わせたケア方法やおすすめアイテムがわかるよう、セルフスキンチェックを行えるページをご用意しています。ぜひ、こちらもご活用ください。

スキンチェックはこちら

妊娠中にお肌が荒れる?スキンケアは見直すべき?