発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

パパママ必見! 冬の赤ちゃんの体調管理のポイント

寒い冬のシーズンは大人でもつらく感じますが、自分で体調管理ができない赤ちゃんにとってはさらに厳しい季節です。赤ちゃんが風邪をひいたり、寒さを感じたりしないようにするためには、パパやママの注意がとても重要になります。
そこで今回は、寒い冬に注意したい赤ちゃんの体調管理のポイントについてご紹介いたします。

部屋の暖めすぎに要注意!

赤ちゃんが寒くないようにという想いから、常に部屋を暖かくキープしているという方は多いでしょう。しかし、赤ちゃんは大人よりも体温が少し高いため、暖房の温度を上げ過ぎるとかえって暑く感じてしまいます。赤ちゃんにとって快適な冬の室温は、20℃前後です。暖房器具を上手に使って、体温調節が未発達な赤ちゃんの体を守っていきましょう。

夜寝るときはどんなことに気を付けたらよい?

昼間であっても気温の低い冬ですが、夜になるとさらに外の気温が下がって部屋の中も寒くなります。余りの寒さに耐えきれず、寝ているときも暖房をつけたままにしているというパパやママも多いのではないでしょうか。
部屋を暖めすぎると、汗っかきな赤ちゃんは、大量に汗をかいて、それが原因で体が冷えてしまうことがあります。室温が高くなり過ぎないように、暖房は上手に使ってくださいね。
また、赤ちゃんが夜中に布団を蹴ってしまって、布団をかけてくれないという悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。寝るときには、スリーパーを着せてあげると布団を蹴っても暖かさが続くので安心です。おなかがしっかり温かく、顔色が悪くなければ、多少手足が冷たくても無理に布団の中に押し込む必要はありません。

冬の赤ちゃんに着せる冬服の選び方とは?

可愛い赤ちゃん服のコーディネートは楽しいものですが、冬は保温性や吸水性などに着目することがポイントです。
赤ちゃんは、1年を通して肌着は必須です。様々な素材があるので、冬は保温効果の高い、フライスやニットガーゼなど温かいものを選んであげましょう。低月齢の子はコンビ肌着、コンビ肌着を卒業した赤ちゃんにはボディ肌着など、おなかがしっかり隠れるものを選んであげましょう。
おなかを冷やさないためにも、お洋服はツーウェイオールやロンパースなどがおすすめです。
外出時には、おくるみやカバーオールをプラスしましょう。特に、カバーオールは赤ちゃん時代しか着ないものなので、積極的に活用しておしゃれを楽しんで。ダウンタイプのもの、着ぐるみタイプのものなどは、温かいだけでなく、可愛さも◎です。

赤ちゃんのことを想うばかり、過剰に部屋を暖めたり重ね着をさせたりしたくなってしまう気持ちもありますが、赤ちゃんの体調を守るためには暖かさのバランスを取ることが大切です。また、赤ちゃんの体温は気温によって上下するので、体温のチェックもしっかりと行うことが大切です。



パパママ必見! 冬の赤ちゃんの体調管理のポイント