【ヴェレダ創設100周年】 3日間限定!全品ポイント2倍!2021/12/6 23:59まで 【ヴェレダ創設100周年】 3日間限定!全品ポイント2倍!2021/12/6 23:59まで▶

妊娠線はなぜできるの? 予防のためのケア方法とは

妊娠中のお母さんの体には、お腹が大きくなっていく以外にもさまざまな変化が起こります。その中でも、特に多くの妊婦さんが気にしているのが「妊娠線」です。
完全に消えることがないとされているため「できることなら妊娠線が出るのを避けたい」という方は多いもの。
そこで今回は、妊娠線が出てしまう理由と、予防のために行ないたいマッサージの方法をご紹介いたします。

妊娠線の原因は?いつから出来る?

急激にお腹が大きくなることで皮膚に負担がかかり、お腹に裂けたような傷ができてしまう「妊娠線」。妊娠中は赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなるだけでなく、バストが大きくなったり、体全体に脂肪が付きやすくなったりします。お腹にできるイメージがあると思いますが、太ももやお尻、二の腕、バストなどにできることもあります。
妊娠線ができる原因は、皮膚の急激な伸びです。妊婦さんのお腹は赤ちゃんの成長に合わせて大きくなり、臨月には腹囲100cmを越えることも珍しくありません。私たちの皮膚は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層で成り立っていますが、その中で伸びやすいのは表皮のみ。弾力性のない真皮や皮下組織の一部は、急激に伸びることができません。
変化のスピードについていけず断裂してしまい、赤紫色の線状班が現れるのが妊娠線です。

妊娠線はお腹以外にも出来る

妊娠中は、お腹周りだけではなく、体全体に脂肪がつきやすくなります。
そのため、お腹以外にもバストや太もも、ヒップなどの特に脂肪がつきやすいパーツに妊娠線が出てしまうことがあるのです。妊娠線を予防するためには、肌をしっかりと保湿して乾燥を防ぎ、柔らかく保ってあげることが重要になります。

パーツ別妊娠線予防マッサージ

お腹の大きさや体重増加が目立つようになってから保湿ケアを始めても、すぐに肌を柔らかくすることはできません。妊娠初期の段階からオイルを使ったマッサージケアを徹底しておきましょう。
妊娠線予防のマッサージにオイルが利用される理由は、その保湿力の高さにあります。クリームよりも油分が多く、浸透性の高いオイルを使用することで、乾燥しがちな肌を柔らかく保つことができるのです。

≪おなかのマッサージ≫
1.おへそを中心にして円を描くように塗り広げていく
2.両腰から下腹部の中心へ向けて、上から下へらせんを描くようにマッサージする
3.下腹部を優しく上下にさすって終了

≪バストのマッサージ≫
1.両乳房の下に手を当て、乳房の形に沿って小さく円を描くようにマッサージする
2.片方の乳房の下に反対側の手を当て、優しく押し上げてからゆっくりと下に戻す

≪ヒップ・太もものマッサージ≫
1.ヒップ・太ももの下から上に向かって、らせんを描くようにマッサージする

お腹が大きくなるにつれて見えづらくなってしまう下腹部や脚の付け根などは、特に妊娠線ができやすい部分です。見えづらくても、丁寧にオイルを塗って保湿してあげてくださいね。

ケアを始める時期は?

妊娠線は人によって、できてしまったり、できないまま出産を迎えたり様々です。できる時期も、妊娠初期の人もいれば、出産直前になって現れる人もいます。ただ、一度できてしまった妊娠線は、時間の経過とともに薄くなってはいくものの、完全に消えることはありません。出産後もキレイな体でいるためには、できるだけ妊娠線を作らないようケアすることが大切です。
妊娠線予防のための主なケア方法は、保湿です。水分と油分のバランスが崩れて乾燥している肌は、柔軟性が低下するため、断裂が起こりやすくなります。オイルやクリーム、美容液などの保湿ケアアイテムを使って、肌の潤いをキープするようにすれば、弾力が増して真皮層に亀裂が入りづらくできます。お腹やバスト、お尻を中心に、全身の保湿をしっかり行うようにしましょう。
つわりなどで体調が著しく悪いのでなければ、ケアは妊娠初期から行うのが理想的。体調が不安定でも、遅くとも妊娠5ヶ月頃までには始めるようにしましょう。妊娠線は出産後に現れることもありますので、お手入れは出産後も続けて行ってください。
また、体重が急激に増えないよう気を付けることも、妊娠線予防になります。日々の体重管理を忘れず、皮膚が伸びすぎてしまわないように注意しましょう。

臨月は特に注意!

妊娠線ができないまま妊娠後期に入り、臨月を迎えたとしても、油断は禁物です。妊娠後期~出産まではお腹が特に大きくなり、疲れも出やすい時期ですが、だからと言ってそこでケアを怠ってしまうと、急に妊娠線ができてしまう可能性があります。赤ちゃんは生まれる直前1ヶ月で一気に大きくなるため、臨月は妊娠線ができやすい時期でもあるのです。また、出産時にいきんで力を入れたり、出産後にバストが張ったりすることが妊娠線に繋がることもあります。
妊娠線を予防するには、「小まめな保湿ケアを、いかに毎日コツコツと続けられるか」が鍵です。疲れていたり、体調が悪かったりする日も、無理のない範囲で保湿ケアを続けていきましょう。

まとめ

オイルを塗る際は、力を入れすぎず、肌を労わるようにして塗り込んであげましょう。
「今日はマッサージするのが億劫だな」と感じる日には、オイルを塗るだけでもOK。
毎日ケアを続けることが大切です。お風呂上り、肌が乾燥しきる前にオイルを塗るのが効果を最大限引き出すコツですよ。
また、適度な運動や食事制限で体重の増加をゆるやかにすることも大切になります。
妊娠初期からの丁寧なケアで妊娠線を予防し、産後も美しい体を保っていきましょう。



妊娠線はなぜできるの? 予防のためのケア方法とは