発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

夏に向けて今からスタート!代謝を上げて痩せやすい身体を作ろう!

今年こそは痩せたいと思っているあなた。痩せやすい身体にするためには、代謝を上げることが必要です。夏に向けてダイエットを本格化させる前に、代謝の良い身体作りに取り組みませんか?
今回は、ダイエット成功の秘訣となる代謝アップの方法をご紹介します。

なぜ代謝が悪いと痩せないのか?

代謝とは、外部から栄養素を吸収し、生きていくのに必要なエネルギーを作り出して消費するという仕組みです。ダイエットの観点からいうと、エネルギー消費の効率と考えることができます。
人間は、外部から取り込んだエネルギーを消費して生きています。じっとしているときや眠っているときにもエネルギーを消費しているので、代謝が良ければ、太りにくく痩せやすい身体でいられます。逆に、代謝が落ちるとエネルギーの消費量が落ちてしまいます。そして、消費しきれなかったエネルギーは、体内に脂肪として蓄えられることになるのです。
脂肪を落とすには、摂取エネルギーに対し消費エネルギーを大きくするしかないので、痩せやすい身体を作るためには、代謝アップが欠かせないということです。

代謝をアップさせる効果的な運動とは

ダイエットというと、有酸素運動というイメージがあるかもしれません。しかし、その運動を効果的なものにする、代謝アップにおすすめの運動は実は、無酸素運動=「筋トレ」です。

代謝には、3つの種類があります。安静にしていてもエネルギーを消費する「基礎代謝」、身体を動かすときにエネルギーを使う「生活活動代謝」、食べることによる代謝の「DIT(食事誘導性体熱産生)」です。
このうち、1日に消費されるエネルギーの約60%を占めているのは基礎代謝であり、一般的には、基礎代謝は筋肉量に比例していると言われています。基礎代謝においては、内臓や脂肪でもエネルギーが消費されていますが、最も多くエネルギーが使われるのが筋肉で、主に熱生産のためのエネルギーとして消費されます。つまり、基礎代謝をアップさせるためには、筋肉量を増やすことが効果的ということです。
痩せやすい身体を作るには、ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動の前に、筋トレすることをおすすめします。

食事やマッサージで身体をあたためる

代謝を上げるためには、熱を生み出してエネルギー消費を促すような食材を摂取することも効果的です。
身体が温まる食材には、しょうがや唐辛子、スパイス類があります。また、代謝にはビタミンB群が大きく関わっており、その吸収力を高める作用を持つにんにくや緑黄色野菜も、代謝アップのために取り入れたい食材といえます。さらに、基礎代謝を上げるための筋肉をつけるためにはタンパク質が欠かせません。卵や肉、魚などからタンパク質を摂取するようにしましょう。
代謝を上げるには身体をあたためることが基本になるので、なるべく温かい食べ物や飲み物を摂るように心がけると良いでしょう。

マッサージなどで血流やリンパの流れを良くすることも、代謝を上げるためにはおすすめの方法です。身体をあたためる効果のあるオイルなどを使って、首の周辺や脇の下、関節まわりなどを優しく流してみましょう。


代謝が低いまま辛い運動や食事制限をしても、高いダイエット効果は見込めません。代謝は年齢とともに自然と落ちていってしまうので、太りにくく痩せやすい身体を作るためには、意識的に代謝を上げるような生活習慣を身に付けていきましょう。



夏に向けて今からスタート!代謝を上げて痩せやすい身体を作ろう!