LINE新規友だち登録、アンケートご回答で【500円OFFクーポン】プレゼント LINE新規友だち登録、アンケートご回答で
【500円OFFクーポン】プレゼント

乾燥肌の原因はボディソープだった?選び方のポイントを解説!

寒くなると、全身の乾燥が気になってきますよね。乾燥肌は、空気が乾いていることが原因と思っている方も多いと思いますが、実は、ボディソープが原因になることもあるのをご存知ですか? 今回は、ボディソープが乾燥肌を招く原因や、乾燥肌にならないためのボディソープの選び方について解説いたします。

ボディソープが乾燥肌の原因になる理由

人間の皮膚は通常、水分と油分のバランスが取れて、乾燥しない状態を保っています。皮脂が多くなるとベタベタしたり、におってきたりするため、ボディソープで洗い流すことが必要になるわけですが、洗浄力が強いボディソープを使うと、必要な油分まで落とし過ぎてしまうことがあるのです。これが、肌を乾燥させる原因になります。
背中や胸などの皮脂が多い部分や、手や足先、陰部などの雑菌がつきやすい部分は洗浄剤を使う必要がありますが、それ以外の部分は、基本的にお湯で洗い流すだけで十分とも言われています。それなのに、全身を洗浄力の強いボディソープで毎日洗うと、洗いすぎになってしまうことがあるのです。

では、洗浄力が強いボディソープというのは、どのようなものでしょうか。
1つは、「ラウリル硫酸~」という名前がついたものに代表される界面活性剤が洗浄成分として使われているものです。「ラウリル硫酸~」という成分は、使用感を高めるために使われることが多いのですが、洗浄力が非常に強いので、使いすぎには注意が必要です。
また、「石けん」も肌にやさしいというイメージがありますが、脱脂力が強いため、敏感肌やアトピー肌の人には向かないと言われています。健康な状態の肌なら問題ないでしょうが、お肌が弱めの人は気を付けましょう。
逆に、低刺激で「洗いすぎ」になりにくい洗浄成分としては、「両性イオン界面活性剤」というタイプが挙げられます。ベビーソープとして販売されているものに多く含まれている成分であり、皮膚に刺激を与えにくいとされています。

一般的に、洗浄成分の質が良いものほど、製品全体に含まれている成分の種類が少ない傾向にありますので、そうした点を参考に、ボディソープを選んでみてください。

成分で考える、肌を乾燥させないボディソープの選び方

洗浄力が強すぎなくても、洗剤を使ったり、お湯で身体を流したりするだけで、皮膚の水分は少なからず奪われます。そのため、乾燥が気になる場合には、保湿成分が含まれたボディソープを使うこともおすすめです。
ただ、保湿成分にも肌への刺激が強いものがあるので、選ぶときには注意が必要です。皮膚にもともと存在する保湿成分のセラミドや、天然の植物油が含まれているものであれば、やさしく肌を潤すことができるので、肌が弱い方でも乾燥肌の防止に使うことができるでしょう。

寒くなっても、汚れやにおいは気になりますが、洗いすぎは乾燥肌の原因になります。肌の乾燥が気になる方は、保湿クリームなどを使う他に、ボディソープの選び方を見直してみると良いでしょう。

乾燥肌の原因はボディソープだった?選び方のポイントを解説!