発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

髪のケアにはベビーオイルがおすすめ!理想の髪はベビーオイルで手に入れられる

デリケートな赤ちゃんの肌を守るベビーオイル。実は、大人の髪のケアにも使えるって知っていましたか? 今回は、髪のケアにベビーオイルを使うときのポイントをご紹介します。

髪の毛のケアにはベビーオイルがおすすめ

ベビーオイルは、乾燥や外部刺激から赤ちゃんのデリケートな肌を守るオイル。赤ちゃんが使って安心のやさしい成分でつくられ、香料や着色料などの添加物がほとんど入っていないのが特徴です。だから、大人に使ってももちろん大丈夫。顔やボディはもちろん、髪の毛をケアするアイテムとしても、今、人気を集めています。

ベビーオイルの種類は2つに分けられる

ベビーオイルは「鉱物油(ミネラルオイル)」と「植物油」の2種類に分けられます。好みに合わせて選びましょう。

鉱物油(ミネラルオイル)

鉱物油は、石油を精製してつくられる油です。主な成分名に「ワセリン」「パラフィン」「ミネラルオイル」などがあります。肌から水分が蒸発するのを防いで、うるおいを長時間持続してくれます。植物油と比べると添加物が多く入っていることがあるので、気になる人は成分表示を確認しましょう。

植物油

植物油は、オリーブオイルやホホバオイル、アルガンオイル、アーモンドオイルなど、植物から採れる油です。浸透しやすいので、しっとりうるおいます。鉱物油と比べると、保湿の持続期間は短め。また、自然由来ゆえにアレルギー反応が起こることがあるので、心配な人は事前にパッチテストをしましょう。

ベビーオイルで髪の毛のケアをする方法

髪の毛をケアするアイテムとして注目のベビーオイル。ヘアケア・頭皮マッサージ・ヘアスタイリングに使うことができます。

ヘアケア

ベビーオイルは、髪の保湿ケアにぴったりです。

ドライヤーの前に髪の保護

ベビーオイルは、ドライヤーで髪を乾かす前に塗るヘアオイルの代わりに使えます。軽くタオルドライし、毛先を中心に適量のベビーオイルをなじませ、ドライヤーで乾かしましょう。乾燥してパサついていた髪も、しっとりうるおいます。

マッサージ

肌にやさしいベビーオイルは、頭皮マッサージにも使えます。

1.手のひら全体でベビーオイルを温め、頭皮と髪にもみこむように、指の腹でやさしくマッサージします。

2.ホットタオルを巻き、15分程度ヘアパックをしましょう。スチーム効果で頭皮がやわらかくなり、頭皮の血行が促されて、美髪を育む健康な状態へと導かれます。

マッサージの後は、ベビーオイルが頭皮に残らないよう、シャワーでしっかり洗い流し、入念にシャンプーをしましょう。

ヘアスタイリング

ベビーオイルは、ヘアスタイリング剤としても優秀です。

濡れ髪スタイルのスタイリングに

ベビーオイルを使えば、「濡れ髪スタイル」が手軽に作れます。半乾きの状態にし、毛先から髪の中央あたりまでベビーオイルをつけ、手ぐしでなじませたら完成! つけすぎるとベタついて見えるので、少しずつつけていくのがポイントです。濡れ髪スタイルを長時間キープさせたいときは、ワックスを併用するといいでしょう。

うねり髪スタイルのスタイリングに

髪の毛をカールアイロンで巻いた後に、毛先から中央に向かってベビーオイルをなじませましょう。ツヤ感のあるうねり髪が完成します。

まとめ

ヘアケアから頭皮マッサージ、スタイリングまで、髪の毛に幅広く使えるベビーオイル。1本あれば、フェイスケアやボディケアにも使えて便利です。赤ちゃんから大人まで、家族そろって使えるのもメリット。香りやテクスチャーが好みのものを見つけて、毎日のお手入れに取り入れてみて。


髪のケアにはベビーオイルがおすすめ!理想の髪はベビーオイルで手に入れられる