LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

頭皮のかゆみの原因は何?5つの理由と対処法を紹介

毎日、ちゃんとシャンプーをして清潔にしているのに、なぜか頭皮がかゆい!原因は何?
考えられる5つの理由と、適切な対処法を紹介します。正しくケアして、頭皮のかゆみとさようならしましょう。


頭皮がかゆい原因は?

適切な対処をするために、まずは頭皮がかゆくなる原因を知りましょう。以下の5つが、おもな理由として考えられます。

頭皮の乾燥
頭皮が乾燥すると、バリア機能が弱まり、少しの刺激にも敏感になります。そのため、かゆみが生じやすくなります。乾燥肌の人や、長時間ドライヤーを当てる人、1日に何度もシャンプーをする人などは、頭皮が乾燥しやすい傾向にあるでしょう。また、空気が乾燥する季節は、頭皮も乾燥しやすくなります。

ふけ
頭皮にうるおいをもたらす皮脂と、皮脂を栄養とする常在菌のバランスが崩れたときに、増加するのがふけです。乾燥による「乾性ふけ」と、皮脂の過剰分泌やシャンプーなどのすすぎ不足よる「脂性ふけ」に分けられます。このふけが頭皮を刺激して、かゆみが生じることがあります。

ヘアケア製品が合ってない
シャンプーやトリートメント、スタイリング剤、カラーリング剤といったヘアケア製品が、自分の肌質や体質に合わない場合には、アレルギー反応によるかゆみが生じることがあります。とくにアトピー性皮膚炎の人はアレルギー反応を起こしやすいので、注意が必要です。合わないと感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

汗や皮脂による発疹
汗をかいてそのまま放置しておくと、雑菌が繁殖して、頭皮がかゆくなります。清潔なタオルでふくか、できるだけ早く洗い流しましょう。また、皮脂の量が多すぎたり、皮脂がベタついていたりする場合にも、かゆみが生じやすくなります。脂っこい食事のとりすぎが原因となることも考えられるので、気をつけましょう。

かさぶた
頭皮につめを立ててシャンプーをしたり、頭皮の湿疹やニキビをかきむしったりすることで、気づかないうちにかさぶたができていることも。そのかさぶたに雑菌が入って繁殖すると、強いかゆみをともなうことがあります。日頃から、頭皮にはやさしく触れるようにしましょう。

【天然由来成分100%】バランスが整った頭皮に。オーガニック スカルプケア >

正しい頭皮ケアの方法

原因を理解したところで、ここからは、頭皮のかゆみを抑える4つの方法を見ていきましょう。

刺激が小さくかゆみを抑えるシャンプーを使用する
低刺激でありながら、かゆみを抑える成分を配合しているシャンプーを選ぶとよいでしょう。また、清涼感を与えるタイプのシャンプーが、かゆみを沈静化させてくれることもあります。

生活リズムを整えストレスを軽減する
ストレスによって、頭皮のかゆみが引き起こされることもあります。日頃からストレスをためないよう、生活リズムを整えましょう。なかでも、夜の睡眠時間は大事。皮膚の再生が促される夜の11時〜2時の間は、必ず眠るようにしましょう。

ビタミンB2、B6を多く摂取する
ビタミンB2、B6が不足すると、ふけにともなうかゆみが生じやすくなると言われています。かゆみだけでなくふけの多さも気になるなら、この2つの栄養素を意識してとってみましょう。

●ビタミンB2が多い食品
豚レバー(100gあたり3.60mg)
納豆(100gあたり0.56mg)
ブロッコリー(100gあたり0.23mg)
牛乳(100gあたり0.15mg)

●ビタミンB6が多い食品
かつお(100gあたり0.76mg)
モロヘイヤ(100gあたり0.35mg)
ブロッコリー(100gあたり0.30mg)
玄米(100gあたり0.21mg)

<出典>
ビタミンB2の働きと1日の摂取量(2021年)
ビタミ12の働きと1日の摂取量(2021年)


皮膚薬を使用する
上記3つの方法で改善しない場合は、頭皮のかゆみに効果的な皮膚薬で治療することをおすすめします。症状や原因に応じて、適した成分や強さは異なります。できるだけ早めに薬局で薬剤師に相談するか、皮膚科を受診してください。

【天然由来成分100%】バランスが整った頭皮に。オーガニック スカルプケア >

まとめ

頭皮のかゆみは、大きなストレスに! シャンプーや生活習慣の見直しなど、日頃からできる方法で、頭皮をかゆみから解き放ちましょう。ただし、かゆみがなかなか引かない、かゆみが激しい場合は、早めに薬局で薬剤師に相談するか、皮膚科を受診することをおすすめします。