LINE新規友だち登録、アンケートご回答で【500円OFFクーポン】プレゼント LINE新規友だち登録、アンケートご回答で
【500円OFFクーポン】プレゼント

女性ホルモンによる気分の変化をアロマで快適に過ごそう

ホルモンバランスによって、浮いたり沈んだりしがちな女性の心と体。人によってはひどく落ち込むこともあると思いますが、女性特有の辛い時期にはアロマを使ってリラックスしませんか?
今回は、生理周期にともなう心身の変化を、アロマを使って乗り切るおすすめの方法をご紹介します。

気分の変化を助けてくれるアロマ

女性は生理周期により1ヶ月の中でホルモンバランスが変化し、それに伴って気分や体の調子も浮き沈みします。生理前には腹痛や頭痛に悩まされたり、イライラしたり。生理後にはお肌の調子が良くなったり、気分も晴れやかになったり。
そんな心身の変化による辛さを乗り切る方法としておすすめなのが、アロマです。
アロマとは芳香、つまり良い匂いのことで、香りの作用を効果的に利用する療法がアロマテラピーです。アロマテラピーは医療現場でも活用されるほど、香りの効果は確かなものとして認められています。

女性のホルモンバランスに効果的な香りとは

心身の調子が下降する時期を乗り切るのに助けとなってくれる香りとは?調子の良い時期に加速させてくれる香りとは?
心の状態に合わせたおすすめの香りと効果をご紹介します。

<気持ちが落ち込み気味になっているとき>
●モミ
モミとはクリスマスツリーでお馴染みの木。森林浴をしているような、やさしい香りがします。常緑樹であるモミは冬でも葉が落ちないことから、「永遠の生命の象徴」とも言われています。
モミには、気持ちが落ち込み気味になっているとき、元気とパワーを与える効果があると言われています。

●ローズ
ローズの香りは、やる気が起こらない無気力なときに嗅ぐと前向きになれると言われています。また、肌をなめらかに整える効果も期待できるため、不安定になりがちな時期のお肌におすすめです。

<ゆったりとリラックスしたいとき>
●ラベンダー
アロマの代表とも言えるラベンダー。少し甘みのある爽やかな香りが特徴で、女性を中心に人気があります。ラベンダーには、気持ちを穏やかに落ち着かせてくれる鎮静作用があり、イライラが静まったり、良い眠りに導かれたりします。

<よりポジティブになりたいとき>
●レモン
柑橘類であるレモンは、男女問わず好まれやすいフレッシュな香りが特徴です。五感を目覚めさせ、気分をリフレッシュさせてくれる効果が期待できます。爽やかなレモンの香りは、集中力を高める効果があるとも言われており、好調な状態をさらに後押ししてくれるでしょう。

アロマの楽しみ方

香りによって心や体の調子を整え、生活を楽しむためには、どのようにしてアロマを取り入れれば良いのでしょうか。
よく知られている一般的な方法は、精油とディフューザーを使って香りをお部屋に拡散するやり方です。広い空間に香りがやさしく長く広がるので、お家だけでなくサロンなどに使うのにピッタリです。
精油を焚くのが面倒な方には、お風呂でアロマを楽しむのがおすすめ。入浴には、水圧による血行促進や体温上昇による代謝促進効果があるので、そこにアロマを加えれば相乗効果が期待できます。精油を直接湯船に垂らすと刺激が強すぎることがあるので、気軽に試したい方は香りをマイルドに閉じ込めたバスミルクなどを使用するのが良いでしょう。

日常の中でアロマを使い、香りを味方につければ、気分の落ち込む時期もゆったり乗り切っていけるはずです。自分に合った方法で、手軽に好きな香りを楽しみましょう!

女性ホルモンによる気分の変化をアロマで快適に過ごそう