LINE新規友だち登録、アンケートご回答で【500円OFFクーポン】プレゼント LINE新規友だち登録、アンケートご回答で
【500円OFFクーポン】プレゼント

どうして生理周期で心や体に変化があるの?

女性には、月に1回の生理があります。女性の体や心は生理周期と密接に関わっていて、時期によって体調や気分が上がったり下がったりするのです。
なぜこんなことが起こるのでしょうか。今回は、女性の体・心と生理周期の関係について解説します。

女性の体調や心が変化するメカニズム

女性の平均的な生理周期は25~38日。この期間を1サイクルとし、その中で基礎体温が上下し、体や心の状態も移り変わっていきます。体がだるかったり、気分が落ち込んでイライラしたり、元気だったり、肌の状態が良かったりとアップダウンがあるのは、多くの女性が感じていることです。
生理周期による心身の変化には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2つの女性ホルモンが大きく関係しています。

まず、生理が始まると次の卵子が準備を開始します。脳の視床下部から卵巣を刺激するホルモンの分泌指令が出て、そのホルモンに反応して卵子の元(=卵胞)が成熟。このとき多く分泌されるのがエストロゲンです。
そして、卵子が成熟して排卵すると、殻である卵胞からプロゲステロンが分泌され、その作用により受精卵が着床しやすいよう子宮内膜が厚くなり、体温が上昇します。
妊娠が成立しなければ両ホルモンは減少していき、厚くなった子宮内膜が血液とともに体外に排出されます。

これが、生理周期に伴う通常のホルモン変化です。しかし、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量がうまく入れ替わらなかったり、それぞれの分泌量が多すぎたり少なすぎたりすると、月経前症候群(PMS)と言われる体や心の不調に繋がるとされています。

4つの時期の特徴

生理周期の1サイクルは、ホルモンの状態によって、「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」の4つの時期に分けられます。それぞれの時期の特徴を見ていきましょう。

・卵胞期
生理終了から排卵までの期間が卵胞期です。基礎体温は低温になります。
卵胞期に多く分泌されるエストロゲンには、自律神経を整えたりコラーゲンの生成を促したりするはたらきがあります。そのためこの時期は心身ともに元気で、ダイエットを始めたり新しい化粧品を試したりするのにも向いています。

・排卵期
排卵日とは、卵巣から卵子が排出される日のこと。その前後数日が排卵期と呼ばれています。基礎体温が低温から高温に変化する時期で、おりものの量が1ヶ月で一番増えます。人によっては排卵痛が起こることもあります。
美容面では肌の調子が安定する時期でもあります。

・黄体期
排卵後、次の生理が来るまでの期間が黄体期です。プロゲステロンのはたらきにより基礎体温が上昇する「高温期」になります。
だるさや眠気を感じたり、体調が不安定になったりする人が多く、ダイエットには不向きな時期。ホルモンバランスが崩れやすく、腹痛、頭痛、吐き気、むくみ、便秘、肌荒れ、イライラなど様々な症状に悩まされる人もいます。

・月経期
妊娠が成立しなかった場合に、使われなかった子宮内膜が血液とともに体外に排出される月経期。基礎体温が低温相に移ります。生理痛や頭痛が起こったり貧血になったりすることもあります。
代謝が悪くなるので、肌荒れなども起こりやすくなります。

生理周期のメカニズムを知り、その時期に合わせた過ごし方ができれば、心身の変化とも上手に付き合っていけるでしょう。辛い時期はアロマを活用したりマッサージをしたりしてゆったり過ごし、調子が上向くのを待つと良いですね。

どうして生理周期で心や体に変化があるの?