【ヴェレダ創設100周年】LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! 【ヴェレダ創設100周年】
LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

この肌荒れ、花粉症のせい?花粉時期にお肌のためにできること

冬の乾燥は何とか乗り越えたのに、あたたかくなってくるこの時期に、お肌がカサカサしたり、ヒリヒリしたりすることはありませんか? その肌荒れは、もしかすると花粉が原因かもしれません。 今回は、花粉症と肌荒れの関係、花粉による肌荒れの予防法についてご紹介します。

肌荒れも花粉症の症状のひとつ

花粉症の症状としてよく知られているのは、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどですが、実は花粉のアレルギー反応により、目のまわりや頬などがカサカサしたり、かゆくなったり、赤くなったりすることもあるのです。
花粉による肌荒れは、顔周りに起こることが多いですが、身体にも花粉が付くことによってかゆみが出る場合があります。

花粉が付くのを防いで肌荒れを予防しよう!

花粉による肌荒れを予防するためには、顔や身体に花粉がつかないようにするのが第一です。マスクや帽子、メガネ、ストールなどを着用したり、洗濯物の外干しを避けたりするなどの対策を行いましょう。
部屋に入るときには上着を脱いではらったり、手洗いを徹底したりするのも忘れないようにしましょう。
肌荒れを防ぐためには、化粧品などを塗って肌を保護するのも効果的です。保湿効果のあるオイルやクリームを肌に塗ることで、表面に見えない膜のようなものができるため、花粉が直接肌に触れないようになるからです。オイルの中では特に、月見草脂(イブニングプリムローズ油)がおすすめです。
イブニングプリムローズ油には、リノール酸などの必須脂肪酸が多く含まれているため、アレルギーによる肌トラブルの不快感によいと言われています。
ちなみに、花粉症で肌荒れする方は、お肌が敏感に傾いていることが多いので、使用する化粧品も刺激の少ないものを選ぶことをおすすめします。

花粉で肌荒れしてしまったら

気を付けていても肌荒れを起こしてしまった場合は、肌への負担をなるべく軽くすることを心がけ、シンプルなスキンケアに切り替えましょう。
刺激の少ないクレンジングや石けんで汚れをやさしく落とし、皮膚のバリア機能を保つための保湿ケアを入念に行いましょう。
かゆみがひどい場合や、赤みが出てヒリヒリする場合などは、皮膚科を受診して薬を処方してもらうのもひとつです。
かいてしまうと、神経が敏感になってさらにかゆみが増す、悪循環に陥りますので、かゆくてもかきむしらないよう注意しましょう。

鼻水や目のかゆみが辛い花粉症。さらに肌荒れにも悩まされないために、保湿ケアでお肌を保護し、この時期を乗り切りましょう。

この肌荒れ、花粉症のせい?花粉時期にお肌のためにできること