発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

マッサージで血行不良を防いで、血色がよく明るい幸せ顔になろう!

気温が下がって寒くなると、身体が固まり全身の血行が悪くなりがち。場合によっては、顔色も悪くなってしまいます。顔の血色が悪いと、メイクの色もくすみ、不健康な感じに見えることもあるので、改善したいですよね。
今回は、冷えなどで悪くなった顔色を明るくするのに効果的なケア方法をご紹介します。

血行と顔色の関係

人間の身体は、疲れたり冷えたりすると、血行が悪くなります。血行が悪くなると、酸素や栄養が充分に行き渡らなくなります。新鮮な酸素の不足は、血液を黒っぽくさせてしまうため、その色が皮膚を通して見えてしまうと、肌の明度が下がり顔の血色が悪くなったり、くすんで見えたりするのです。

顔色の悪さを予防するには、血行不良を起こさないことが大切です。
血行不良を起こさないためには、身体をよく動かして運動不足にならないよう心掛けましょう。偏った食事も血行不良の原因になりますので、外食やインスタント食品ばかりにならないよう気を付け、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。
また、ストレスにより血行不良になることもあります。ストレスが溜まりそうなときは、適度に気分転換をし、気持ちの流れもすっきりさせておくようにしましょう。

血色をよくするお顔のマッサージ

血行不良による顔色の悪さやくすみを予防、改善するためには、マッサージも効果的です。多くの人は、朝晩にスキンケアの時間があると思いますので、そのときにひと手間、マッサージを加えてみてはいかがでしょうか。

顔のマッサージをするときは、皮膚の表面を引っ張るのではなく、顔の筋肉に力を加えます。こりをほぐすことと、血液やリンパを流すことを意識して行うと良いでしょう。
最初は顔の内側から外側へ、また下から上へ、小さくらせんを描くように手を動かします。こりがほぐれたら、顔の内側から外側へやさしく手を滑らせ、耳の辺りに動かし、最後は耳の前からフェイスラインを通り、首から鎖骨に向かって流しましょう。

顔のマッサージは、軽いタッチで行うのがポイントです。強くこすったり、皮膚を引っ張ってシワを寄せたりすると、シワやたるみが生じてしまい。逆効果です。必ずオイルなど、滑りをよくするアイテムを使用し、肌をやさしく扱いましょう。

顔の血色改善には、首のマッサージも有効!

首の周辺には、顔色に影響するリンパの流れがあるので、首をマッサージすることで、顔全体のリンパの流れがよくなり、顔色を明るくする効果があります。
首の付け根のくぼみに指を当ててプッシュしたり、首を横に倒して耳の後ろから真っ直ぐなで下ろし、鎖骨に流し込むようにマッサージをしましょう。

ネック&デコルテのマッサージ方法はこちら
https://www.weleda.jp/topics/massage/neck-decollte/

マッサージが面倒な場合は、ホットタオルなどで首の後ろを温めるだけでもOKです。そうすることで、血行促進が促進されリンパの流れがよくなるだけでなく、リラックス効果も期待できます。忙しい日や特に疲れている日にはお勧めです。


顔色が悪いと、メイクやファッションでせっかくおしゃれをしても、気分が上がりませんよね。日々のスキンケアにマッサージをひとつプラスして血行不良を防ぎ、明るく血色の良い顔色を保ちましょう!



マッサージで血行不良を防いで、血色がよく明るい幸せ顔になろう!