発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

ボディオイルのおすすめ6選!選び方や注意点も解説

優れた保湿ケアアイテムとして注目を集めるボディオイル。うまく使いこなせるようになれば、ボディケアの幅がぐんと広がります。今回は、ボディオイルの種類や、選び方・注意点についてご紹介します。

ボディオイルとは?

ボディオイルは、肌を乾燥から守り、健やかな状態に整えてくれるボディ用の美容オイルのこと。保湿力がずば抜けて高く、肌にたっぷりとうるおいを与えてくれます。また、肌の表面にオイルの膜を張り、水分が蒸発しないように蓋の役目を果たしてくれるので、うるおいが長く持続するのも特徴です。

すーっと滑らかに伸びるので、マッサージをするときに使うのもおすすめ。マッサージの刺激から、肌をやさしく守ってくれます。

ボディクリームとの違い

ボディの保湿ケアアイテムにはボディクリームもありますが、ボディオイルのほうが油分の量が圧倒的に多い分、高保湿で、肌が内側から“しっとり・もっちり”とうるおいます。

ボディオイルと聞くと、ベタつくイメージを持つかもしれませんが、品質のよいボディオイルなら肌なじみがよく、ベタつきが気になることもありません。

少量で広範囲に伸ばせるので、コストパフォーマンスの面でも優秀です。

正しいボディオイルの選び方

ボディオイルにはたくさん種類があるため、どれを選んだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? ここからは、ボディオイルを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

オイルの種類別に選ぶ

ボディオイルに使われるオイルには、それぞれ特徴があります。以下は、代表的なオイルの特徴です。

ホホバオイル

ホホバの種子から搾った植物油。主成分のワックスエステルが皮脂の構造に似ているため、肌になじみやすく、保湿力が高いのが特徴です。

アルガンオイル

「モロッコの黄金」と呼ばれる希少なオイルで、美容成分を豊富に含んでいます。なかでも抗酸化作用の高いビタミンEが多く、エイジングケアをしたい人におすすめです。

オリーブオイル

オリーブの果実から搾るオイル。主成分のオレイン酸は酸化しにくく、保湿力が高いのが特徴です。浸透力が高く、肌をやわらかくする効果もあります。 
*食用のオリーブオイルは、肌への使用には適しません。

シアバター

シアの木の実から採れる植物性油脂。主成分はステアリン酸やオレイン酸で、肌に溶け込むようになじみ、長時間、肌を乾燥から保護してくれます。

アーモンドオイル

アーモンドの種子から搾ったオイル。なめらかで滑りがいいので、マッサージに適しています。刺激が少ないので、敏感肌の人や、初めてボディオイルを使う人も試しやすいでしょう。

ローズヒップオイル

バラの果実から抽出したオイル。ビタミンA・C・Eやオレイン酸、リノール酸などの美容成分を豊富に含み、肌のキメを整え、うるおいとハリを与えてくれます。

粘度の違いで選ぶ

ボディオイルのテクスチャーは、さらさらした(粘度が低い)タイプから、とろっとコクのある(粘度が高い)タイプまで、さまざまです。目的や好みに合わせて選ぶといいでしょう。

汗をかく季節にさらっと軽やかに使いたいときは粘度が低いタイプ、乾燥がひどく徹底的に保湿したいときには粘度が高いタイプというように、使い分けることもできます。

好きなアロマで選ぶ

好きな香りのボディオイルを選べば、リラックス効果が高まります。夜、癒しの香りに包まれながらボディケアをして、1日の疲れをすっきり解消。そのままベッドに入れば、心地よく眠りにつくことができるでしょう。

また、ボディオイルの香りは、香水のように強く香ることがないのも特徴。日中、好きな香りを身にまといたいけれど、香水では強すぎるという人は、朝、ボディオイルを首元などになじませておくのがおすすめです。

香りが苦手な人は、無香料タイプを選びましょう。

ボディオイルを選ぶ際の注意点

メリットが多いボディオイルですが、注意点もいくつかあります。

酸化や使用期限に注意する

酸化したり、使用期限が過ぎたりしたボディオイルを使うと、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、オイルを使う期間や、保管方法には注意が必要です。

ボディオイルは開封した瞬間から酸化が始まるので、直射日光や高温多湿を避けて保管し、使用期限に関わらず、2〜3ヶ月で使い切りましょう。

成分によっては肌に合わないものがある可能性がある

高い保湿効果に加えて、美肌効果や癒しの効果も得られるボディオイルですが、成分によっては、自分の肌に合わない場合もあります。赤みや痒みが出る、湿疹ができるなどの症状があらわれた場合は、すぐに使用をやめ、皮膚科医に相談してください。

まとめ

保湿力抜群のボディオイル。ぜひ毎日のボディケアに取り入れて、ワンランク上のうるおい美肌を目指してください。

*本記事は、ボディオイルや植物油に関する一般的な効果について記述したものであり、製品の効果を保証するものではありません。
*植物油と化粧品用油では精製度などが異なります。目的に応じたオイルを使用してください。



ボディオイルのおすすめ6選!選び方や注意点も解説