発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

春用スキンケアにチェンジして、気になる春の肌荒れを防ごう!

春は過ごしやすい気候になり、植物も芽吹くので、気分が明るくなる方も多いのではないでしょうか。一方で、実は肌荒れが起こりやすい季節ということをご存知ですか?
今回は、春に肌荒れが起きる原因と、おすすめの肌荒れ対策についてご紹介します。

春に肌荒れが起きる原因

春になると、乾燥やかゆみ、吹き出物などの肌荒れを感じる人が増えます。暖かくなる季節にこれらの症状が起きる主な原因は、「紫外線」「花粉」「ストレス」の3つと言われています。

紫外線は1年中降り注いでいますが、冬にはUVケアをしていない人がいます。しかし、紫外線の量は1月から夏に向けて増加傾向にあり、3月から4月にかけて大幅に増えるので、紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線は肌にダメージを与え、肌のバリア機能を弱めたり、肌を乾燥させたりするので、UVケアをしていないと肌荒れの原因になってしまいます。

また、春には花粉が多く飛ぶようになり、アレルギー反応が起こりやすくなります。肌に付着した花粉に反応して皮膚が炎症を起こし、赤みやかゆみが出ることがあります。また、鼻をかみすぎたり、目をこすったりすることで、周辺の肌が敏感になり、肌が荒れることもあります。

さらに、春は生活環境が変わる人も多い季節です。慣れない場所や、新しい人間関係がストレスとなり、自律神経が乱れたり、代謝が悪くなったりして、肌荒れにつながることがあるのです。

スキンケアで肌を守る

春の肌荒れには、正しいお手入れでケアしていくことが大切になります。
スキンケアの1番のポイントは、肌のバリア機能を保つことです。バリア機能が弱まると、上記に挙げたような紫外線や花粉などの影響を受けやすくなり、肌荒れが進行してしまいます。肌のバリア機能は、皮膚が乾燥していると弱まってしまうので、しっかりと保湿をして、肌のうるおいを保つことが欠かせません。

ただし、春のスキンケアでは肌の水分と油分のバランスに気を付ける必要があります。春は、冬に比べて空気の乾燥がおさまり、気温も上がるので、お肌の皮脂も増える傾向にあります。皮脂が過剰になるとニキビや吹き出物ができやすくなったり、かえって肌の水分量が減ってしまったりするので、水分・油分のバランスを崩さないようなお手入れを心がけましょう。

また、紫外線は乾燥だけでなく、日焼けによるシミや肌老化の原因にもなりますので、UVケアを忘れないようにしましょう。

肌荒れ対策の基本は規則正しい生活!

スキンケア以外でも、肌荒れ対策のためにできることがあります。
花粉によるアレルギーを起こしやすい方は、洗濯物を外干ししないことをおすすめします。しっかり顔や身体を洗っても花粉がたくさん付着したタオルで拭いては意味がありませんし、花粉が付いた服を着ているのも良くないからです。できるだけ、浴室乾燥や乾燥機を使用するようにしましょう。

また、ストレスの多くなる時期に生活サイクルを乱すのは禁物です。生活が乱れると肌荒れは悪化してしまいます。バランスの取れた食事と充分な睡眠など、規則正しい生活を心がけ、身体にも心にも、負担をかけないように気を付けましょう。


春は、新しいコスメやファッションが登場し、オシャレがより楽しくなる季節です。新生活を送る人も、そうでない人も、肌荒れの悩みを防いで、春の陽気の中で明るい毎日を過ごしましょう!



春用スキンケアにチェンジして、気になる春の肌荒れを防ごう!