発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

さあ、今年も紫外線ケアを始めよう!乾燥肌の人が選ぶべき日焼け止めとは

寒さがやわらぐ日が少しずつ増えてきて、春が待ち遠しくなってきましたね。あたたかくなるのは嬉しいけれど、春になると気になるのが紫外線です。紫外線対策は早めに始めるのがおすすめですが、この時期はまだ肌の乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、肌が乾燥しやすい時期に、または1年を通して乾燥肌の方が、日焼け止めを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

コラム・イベント管理 コラム・イベント編集 - ヴェレダ開発環境.html

紫外線は、天候や季節に関わらず、1年を通して地上に降り注いでいます。ただ、3月頃から夏に向けて量が増えるので、この時期はしっかり紫外線対策をしたいものです。
紫外線を浴びるとヤケドなどの皮膚トラブルを起こす原因となるだけでなく、メラニン色素が過剰に生成されてシミになったり、コラーゲンが破壊されてシワになったりするなど、肌老化も招きます。また、皮膚ガンになったり遺伝子を壊したりするとも言われており、美容だけでなく健康のためにも、紫外線ケアの重要性は高まっています。

乾燥している肌には入念な紫外線ケアが必要!

肌が乾燥している時期や、乾燥肌の人は、特に入念に紫外線ケアをすることが大切です。なぜなら、乾燥している肌は、健康な肌に比べて皮膚表面の水分が不足しているために、角質がはがれやすくなってすき間ができ、肌のバリア機能が低下しているからです。そこに紫外線の刺激が入ってくると、影響を大きく受けてしまうのです。

ただ、紫外線ケアをしっかりしたいものの、市販されている日焼け止めは、それ自体の刺激が強いことも多いのが現実です。選び方を間違えると、肌を余計に乾燥させてしまったり、負担をかけてしまったりすることもあるので注意しましょう。

では、肌が乾燥しているときには、どのような日焼け止めを選べば良いのでしょうか。

乾燥肌におすすめの、日焼け止めの選び方

乾燥肌の日焼け止め選びで押さえておきたいポイントは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、使われている紫外線防止成分の種類です。日焼け止め防止成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱材」の2種類があります。紫外線吸収剤は、加工がしやすく、さまざまなテクスチャーの日焼け止めを作りやすい一方で、まれにアレルギーを起こす人もいるとされています。
乾燥肌の方や敏感肌の方、また、子ども用として使う方は、紫外線吸収剤フリーのものを選ぶようにしましょう。

2つ目は、しっかりとした保湿成分が配合されているかどうかです。乾燥肌の人が肌をダメージから守るためには、紫外線プロテクト機能を保ちながら、水分保持をすることも大切です。天然由来成分など、肌にやさしい保湿成分が豊富に配合されている日焼け止めを選び、紫外線ケアと保湿ケアを両立させるようにしましょう。


日焼け止めによる乾燥を恐れて、紫外線ケアをしないでいると、紫外線による刺激でさらなる乾燥を招くことになります。そうした悪循環に陥らないためにも、紫外線量が増える前のこの時期に、保湿成分の入ったやさしい日焼け止めを入手して、紫外線対策に励みましょう!

※なお、本記事は日焼け止めに関する一般的な効果について記述したものであり、製品の効果を保証するものではありません。

エーデルワイスUVプロテクト 50mL



さあ、今年も紫外線ケアを始めよう!乾燥肌の人が選ぶべき日焼け止めとは