発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!
発売1周年記念キャンペーン実施中!
ざくろ フェイシャルオイルご購入でミニサイズプレゼント!

冬から春にご注意を! 季節の移り目に取り入れたいスキンケア

長かった冬が明けて春に変わる季節の移り目には気温や環境の変化がありますが、それと同時にお肌の状態も移ろいやすくなります。
普段は肌トラブルが起きにくいという方でも、この季節になるとなぜか肌が敏感になったり乾燥が起こったりしてしまうということもあるでしょう。
冬から春に移り変わるこの時期は、日頃と同じスキンケアではなく季節に合わせたケアを行ってあげることが大切です。新しい季節を楽しむためにも春の環境に負けない肌づくりをしていきましょう。

冬から春にかけて肌トラブルが起きやすくなる理由とは

・気温の変化にお肌が対応できない
寒い冬が終わり春になると気温も上がって過ごしやすい日が続きますが、やはり朝方や夜になるとまだまだ寒さを感じることも多いもの。また、気温と同じように湿度も変わりやすいため、お肌はこの気温の上がり下がりや湿度の変化に対応できず、皮脂のコントロールができなくなってしまうのです。お肌のうるおいキープのために必要な皮脂のバランスが崩れてしまうと、お肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなります。

・紫外線量の増加
紫外線と聞くと太陽がギラギラと照らしつける夏を想像しますが、実は1年を通して降り注いでいます。3月頃になると徐々に強くなり始め、残暑シーズンの9~10月と同じ程度の量になるともいわれています。「まだ春だし大丈夫」という気持ちでUVケアに気を抜いていると、知らず知らずの間に紫外線によるダメージを受けてしまうのです。

・花粉によるダメージ
春になると花粉症の症状に悩まされる方も多いですが、その症状の1つにお肌に赤みが出たり、痒みが起こるという肌トラブルが挙げられます。しかし、この花粉による肌トラブルは花粉症の自覚のない方にも見られるため注意が必要です。もともと春の環境によって肌バリアが低下した状態のお肌に花粉がつくと、肌荒れの悪化につながります。

季節の移り目に取り入れるべきスキンケア方法

・洗顔方法に工夫を
皮脂のコントロールが上手くできない春のお肌は、ただ優しく洗顔をするだけではNG。
日によってお肌の状態が違ったり、皮脂量がパーツによって異なるためお肌の状態を見極めながら適切な洗顔を行うことが大切です。
とくにTゾーンは皮脂が多く、目元や口元は乾燥しているという混合肌になることも多いので、洗顔を行うときにはまずTゾーン→Uゾーン→目元・口元と皮脂の多い順に洗っていくようにしましょう。

・UVケアを怠らない
1日屋外にいるときはもちろん、少しの散歩やショッピングの際にもしっかりとUVケアを行いましょう。日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーションを使用してもOKです。
また、帽子やスカーフ、日傘などの日よけアイテムも取り入れて、上手に紫外線をカットしていきましょう。

・普段よりも保湿ケアに力を入れる
肌バリア機能が低下したお肌は、水分と皮脂量のバランスが崩れているため乾燥しやすい状態になっています。乾燥を防ぐためにも保湿ケアは普段以上にしっかり行いましょう。
保湿効果の高いクリームやオイルを使用したり、ハンドプレスを行って時間をかけて保湿ケアを行うことが大切です。

春はお花見やハイキングなど、お楽しみがたくさんの季節です。短い春のシーズンを心から堪能するためにも、冬から春にかけてのこの季節にスキンケアをしっかりと行って、肌トラブルを防いでいきましょう。



冬から春にご注意を! 季節の移り目に取り入れたいスキンケア