LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

化粧水の効果・役割とは?含まれる成分や使い方について詳しく解説

毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。けれど、どんな効果や役割があるのかはあまり知らないのでは? 含まれる成分についても、考えたことのない人が多いかも。そこで今回は、化粧水について解説。詳しく知ることで、自分の肌にぴったりの化粧水を選べるようになりましょう。

化粧水にはどんな効果・メリットがある?

化粧水のおもな効果は、角質層への水分補給です。角質層がうるおうと、肌がキメ細かくなめらかに整い、次につける美容液や乳液の浸透もよくなります。
さらに、商品によっては、高保湿、美白、毛穴引き締め、ニキビの炎症抑制など、さまざまな効果が期待できる美容成分を含んでいます。水分とともにこうした美容成分を届けられるのも、化粧水のメリットです。

期待できない効果

角質層に水分を届けてくれる化粧水ですが、そのままではすぐに蒸発してしまいます。しかも、もともと肌が持っていたうるおいまで奪ってしまうため、かえって乾燥を強めてしまうことも。
このように、化粧水には肌に水分を閉じ込めておく効果は期待できません。

乳液や美容液との違い

では、化粧水の後に使う乳液や美容液にはどのような効果があるのでしょうか?

乳液の役割

乳液は、水分と油分をバランスよく配合した保湿アイテムです。油の膜を張ることによって肌にフタをし、化粧水で届けた水分を肌の中にしっかり閉じ込めてくれます。乳液は適度な水分も含んでいるため、角質層をやわらかくしてなめらかな肌へと導く効果も期待できます。

美容液の役割

化粧水や乳液がスキンケアの基本アイテムである一方、美容液は、スペシャルケアを目的として使う少し高価なアイテムです。シミやそばかす、シワ、ハリの低下など、自分の肌の悩みに応じた美容成分が含まれた商品を選び、スキンケアに取り入れることで、ワンランク上の肌へと導かれます。
【ハリ・ツヤ不足に。オーガニック ざくろフェイシャルオイル >

美容製品を使用する順番

クレンジングと洗顔の後、化粧水→美容液→乳液で行うのが、一般的なスキンケアの順序です。

クレンジングと洗顔で肌をクリアな状態にした後、すぐに化粧水で水分を入れ込み、美容液でスペシャルな美容成分をプラスしたら、最後に乳液で油の膜を張って肌にフタをします。
もちろん商品によって順序は前後することがあるので、使い方は事前に確認しましょう。

化粧水に含まれる美容成分

化粧水は8割前後が水(精製水)、1割程度が機能や安定性を維持するためのアルコール類(アルコールフリーの商品もある)、残りの1割程度が美容成分です。以下は、化粧水に含まれる代表的な美容成分です。

ヒアルロン酸

グリセリンはアルコールの一種。すぐれた保湿性があり、肌の水分が失われないように維持してくれます。なかでも角質層の水分をしっかりキープしてくれるため、肌がうるおうだけでなく、ふっくらするのが特徴です。

セラミド

セラミドは肌の角質にもともとある成分で、細胞同士や水分をつなぎとめる役割があります。セラミドが十分に保たれていると、肌の表面がうるおい、キメが整った状態になります。また、バリア機能が高まり、外の刺激から肌がしっかり守られます。
【化粧水の成分が気になる方へ。100%天然由来成分のスキンケアはこちら >

脂性肌や乾燥肌にも化粧水は使える

脂性肌の人は、化粧水をつけなくていいと感じるかもしれません。しかし化粧水をつけないでうるおいが不足すると、肌はうるおい不足を補うために皮脂を過剰に分泌してしまいます。このことが、脂性肌を悪化させてしまいます。

もちろん、乾燥肌の人は水分が不足した状態なので、化粧水は欠かせません。乾燥がひどく敏感な状態になっている場合は、肌への刺激の少ない化粧水を選ぶとよいでしょう。
このように、化粧水はどんな肌質の人も必ず使いたいアイテムです。

化粧水の効果的な使い方

ではここからは、化粧水の効果的な使い方を見ていきましょう。

適量(500円玉を目安)を手にとったら、額、両頬、鼻、あごに置きます。その後、手のひらに残った化粧水とともに、顔の内側から外側に向かって全体に広げていきましょう。目頭や目尻など、少しくぼんだ部分には、指の腹を使ってなじませます。最後に、手のひら全体でやさしくプレスして、しっかり奥まで浸透させます。

普段、何気なくつけている化粧水ですが、正しく使うことで、効果を存分に感じられるようになるでしょう。

化粧水を選ぶ際のポイント

自分の肌に合う化粧水を使うことは、とても大切です。どの化粧水を選んだらいいのかわからないという人は、次の2つのポイントを基準にしてみるとよいでしょう。

肌質で選ぶ

肌質は、「普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌」というようにカテゴライズできます。自分の肌がどれなのか知って、それに合った化粧水を選ぶのが、第一のポイントです。

成分で選ぶ

乾燥、シミ、ニキビといった自分の肌の悩みに対し、効果的な成分が入った化粧水を選ぶのもポイントです。成分は、パッケージに記載されています。

化粧水を使って正しいスキンケアを

毎日のスキンケアの基本アイテムである化粧水。肌質や肌の悩みに合った化粧水を正しく使えば、肌はきっと応えてくれるはずです。あなたの1本を探してみてはいかがでしょうか?