LINE新規友だち登録後、アンケート回答で<500円OFFクーポン>プレゼント! LINE新規友だち登録後、アンケート回答で
<500円OFFクーポン>プレゼント!

ゆらぎ肌のせいでニキビが!原因や対処法を解説

肌のバリア機能が低下し、一時的に不安定な状態になっている肌を「ゆらぎ肌」といいます。実はそのせいでニキビができることも! 原因はなに? 対処法は? 詳しく解説します。


ゆらぎ肌とニキビの関係

ゆらぎ肌とは、気候の変化や寒暖差、花粉、ほこり、女性ホルモンのバランス、ストレスなどの影響を受けて、肌のバリア機能が低下し、一時的に不安定な状態になることをいいます。

トラブルとまではいかなくても、なんとなく調子が悪く、赤み、かゆみ、かさつきが生じたり、いつも使っている化粧品なのに、急にビリビリ感じたりすることも。
バリア機能の低下を補おうとして、肌表面の角質が厚くなったり、皮脂が過剰に分泌されたりすると、毛穴が詰まって、ニキビの原因になることもあります。


紫外線がニキビに悪影響
紫外線は、肌のバリア機能を低下させる大きな原因です。一度、ダメージを受けて肌がゆらぐと、ますます紫外線の影響を受けやすくなり、ニキビができやすくなるのはもちろん、一度できたニキビが治らず悪化しやすい状態を招いてしまいます。

マスクもニキビの原因?
長く続いているマスク生活も、ニキビの原因に。マスクを着けると肌がこすれて、その刺激がバリア機能の低下を招くからです。その上、マスクの中は蒸れて、アクネ菌が繁殖しやすい状況です。

また、マスクの中はうるおっているように感じますが、呼気が蒸発するときに肌のうるおいを奪っていくため、実は乾燥しています。その水分不足を補うべく皮脂が過剰に分泌されると、ますますニキビができやすくなります。

ゆらぎ肌によるニキビを改善するために注意する点

ゆらぎ肌が原因のニキビを改善するためには、肌のバリア機能を高めることが先決です。ゆらいでいる、ゆらぎやすいと感じたら、以下を見直してみてください。


・生活習慣を改善
生活習慣の乱れから、肌のバリア機能が低下し、ゆらぎ肌になることもあります。規則正しく生活し、十分な睡眠をとって、栄養バランスのとれた食事をしましょう。生活習慣が整っていると、気候や花粉、紫外線などの外的刺激を受けても、ゆらぎにくくなります。

・化粧品は低刺激のものに
肌がゆらいでいるときは、いつもの化粧品に違和感を感じることがあります。ピリピリするなどの負担を感じる場合は、低刺激の化粧品に変えてみるのもいいでしょう。その上で、水分と油分をバランスよく補ってください。

・肌に刺激を与えない
摩擦などの肌への刺激が、バリア機能の低下を招くこともあります。洗顔のときにゴシゴシこする、熱すぎるお湯を使う、化粧水をつけるときに強くパッティングするなどは避けましょう。また、マスクはできるだけ肌にやさしい素材を選びましょう。

【天然由来成分100%】のオーガニック スキンケアシリーズ>

日常生活でできる、ゆらぎ肌ニキビの対策

以下は、日常で簡単に取り入れられる対策です。できることからさっそく始めてみましょう。


・帰宅後すぐにメイクオフ
ゆらいでいる肌は、肌表面の角質が厚くなったり、皮脂が過剰に分泌されたりするなど、毛穴が詰まりやすい状態です。帰宅後は、ひと息つかずに洗面所かバスルームへ直行。すぐにメイクを落として清潔にしましょう。

・コットンパックなどで肌をクールダウン
外にいる時間が長く、紫外線を多く浴びた日は、化粧水をたっぷり含ませたコットンでコットンパックをするなどして、肌をクールダウンさせましょう。紫外線のダメージを最小限に抑え、肌のゆらぎによるニキビを未然に防ぐことにつながります。

・温めた手で、肌にうるおいを与える
化粧水や乳液、クリームなどは、手のひらで温めると肌になじみやすくなります。適量を手にとって温めたら、両手で顔を包み込むようにしてハンドプレスしましょう。肌にうるおいを閉じ込めるイメージで行ってください。ゆらぎ肌を改善し、ニキビのできにくい状態をつくることにつながります。

まとめ

肌がゆらぐたびにニキビができると、憂うつですよね。肌がゆらがない状態をつくることが先決ですが、ゆらいだ場合もすみやかに対処して、ニキビができないようにしましょう。


【天然由来成分100%】のオーガニック スキンケアシリーズ>